知らないと損する!早く髪を生やす方法早く髪を生やす方法

知らないと損する!早く髪を生やす方法 

 

「薄毛が気になって仕方ない」、「薄毛対策を始めたけれど、始めたばっかりだからまだ全然……」、そんな時は、早く髪の毛が生えて欲しいと願う一方ですよね。少しでも早く髪を生やす方法ってあるのでしょうか?解説しますね。

まずはヘアサイクルについて知っておこう

あなたは、髪の毛がどのくらいのペースで伸びるのかご存じですか?

 

1日に0.3〜0.5mm、1ヶ月で約0.9〜1.5cm、1年で約15cm伸びます。しかし、もちろん永遠に伸び続けるわけではなく、一定期間を過ぎると自然に抜け落ちて、新しい髪の毛に生え変わります。

 

この髪の毛1本1本が抜けたり生えたりする一定の周期をヘアサイクルと言います。ヘアサイクルはホルモンバランスやストレスによって乱れてしまうことがありますが、新しい髪の毛にきちんと生えてきてもらうためには、まずはこのヘアサイクルを乱さないということが大変重要です。

 

ヘアサイクル

 

毛母細胞が細胞分裂をして髪の毛が伸びる“成長期”(4〜6年)
→成長がストップする“退行期”(2〜3週間)
→新しい髪の毛に押し出される形で自然に抜け落ちる“休止期”(数ヶ月)
→成長期に戻る

 

 

知らないと損する!早く髪を生やす方法

1日でも早く髪の毛を生やす方法は?

髪の毛を成長させる土台となる頭皮のケアをしっかりする

 

土台が荒れ放題では、髪の毛も生えたくても生えられないというのは想像がつくのではないでしょうか。いくらしっかり食事で栄養を摂っていても、その栄養も無駄になりかねません。頭皮の荒れが原因で薄毛を引き起こしてしまっている方もいらっしゃるそうですから、頭皮を正しくきちんとケアすることは薄毛や抜け毛の解消にもつながるはずです。

 

正しいシャンプー方法を守ることはもちろん、頭皮マッサージ、頭皮の保湿、ドライヤーはできるだけ温風ではなく冷風で、など今日からでも始められることはたくさんあります。

 

 

バランスのとれた食事を摂る

 

忙しい方だと食事がつい適当になってしまいがちかと思いますが、自分が食べているもので自分の体が作られているのと同様、髪の毛も体に取り込まれた栄養素によって作られます。育毛に良い食材を積極的に摂るのも良いですが、一番大切なのはやはりバランスです。

 

 

睡眠をしっかりとる

 

睡眠についても、仕事が忙しく帰りが遅いと就寝時間も遅くなってしまうかと思いますが、髪の毛も眠っている間に分泌される成長ホルモンの作用を受けて生えてきます。

 

特に22〜2時の間に最もよく分泌されると言われていますから、できることならその時間帯にはベッドに入っていたいものです。夜は早めに寝て、終わらなかった仕事は朝早起きして片付けるというのが可能であれば、それを習慣付けられたらいいですね。それが無理でも、日付が変わる前にはベッドに入っておくなど、自分にとってよりよい睡眠をとる努力を是非してみてください。

 

 

ストレスは溜めない

 

ストレスは先ほども述べたようにヘアサイクルを乱す原因となる可能性があります。現代社会に生きていてストレス0で生活していくというのは不可能に近いでしょうから、溜まってしまったストレスはこまめに解消するようにしましょう。

 

 

早めに育毛剤を使い始める

 

生活習慣の改善だけで薄毛や抜け毛が大きく改善されることもありますが、有効な育毛剤の使用をプラスすれば、もっと早く髪の毛が生えてくることが期待できます。

 

ただ、1でも述べたように、頭皮が荒れてしまった状態で使ってもあまり効果が期待できませんから、ある程度頭皮の状態が良くなってから使い始めると良いでしょう。

特に早く髪を生やすなら育毛剤

特に早く髪を生やすなら育毛剤がおすすめです。

 

生活習慣の見直しをしていってもすぐに毛が生えてくるわけではありません。ただ育毛剤は育毛促進成分も含まれてますし、抜け毛予防の成分も含まれてます。

 

そうなるとヘアサイクルの中で毛を抜けないようにできるし、抜け毛を抑えながらヘアサイクルのスピードを速めて育毛を促進することができます。

 

「髪をとにかく早く生やしたい!」というときには育毛剤を試してみると良いですよ。

 

 

おすすめの育毛剤は?

 

では育毛剤を使うなら何を使ったらいいかというと、フィンジアという育毛剤はおすすめです。

 

以下で口コミをまとめてますが、髪が生えてきた人が多いです。育毛剤の中には全く効果がなかった・・・という声が多いのもありますが、フィンジアの場合そういった声もないので安心して使えます。

 

 

フィンジアの口コミはこちら